2018.2.18(Sun)

お待たせ致しました。
本日2018春夏スーツ生地が大量入荷致しました。
明日から店内にてご覧頂けます。

今回も約250種類以上の見応えたっぷりな内容になっております。
Loro Piana・REDA・CANONICOなどのインポート生地を始め、
国内製造の生地など幅広くご準備致しております。

春夏のスーツ生地は、秋冬に比べて
生地自体が軽く、通気性が良い。
また比較的色調が明るい傾向にあるのが特徴です。

個人的に今回注目したいのは、
前回のblogでもご紹介致しました
「明るめのネイビー&ブルー系のスーツ」

去年は入荷後即完売してしまったカラーですが、
今回は種類を増やし、内容的にも去年を上回る見応えです。
今年はこの生地で3Pを作るのがお勧め。
結婚式などのパーティーシーンとの相性も抜群です。

このカラーは、比較的取り入れやすいカラーなので
どんな方にでもお試しいただくことが出来ると思います。
Img_098d65da0684bd51070c1bc0c2b90a1a
生地の柄も今年は、ストライプの場合
少しピッチの太い物を選ぶのがお勧め。
最近のLEONなんかを見てると、
完全に太ピッチ推しです。大人の貫禄を感じます。

他にもクラシック回帰に基づき、格子柄は注目の柄。
以前までは格子柄と言うと秋冬の起毛素材が一般的な
イメージでしたが、あえて春夏に格子柄を取り入れるのが
今っぽいのかなと思います。

間違いない生地で言うと、今年も無地は欠かせません。
去年の秋冬は、チャコールの無地がとても合わせやすく
爆発的な人気でしたが、その流れはこの春夏も続きそうです。

その他にも、色合いは冠婚葬祭に使えるブラックから
ネイビーに並ぶ定番色のグレーまで幅広くご準備しております。
今年の春夏に向けてスーツの新調をお考えの方は、
ご紹介した組み合わせもぜひ参考にしてみてください^^

「ORDER SUIT」
2P ¥48,000+TAX〜
3P ¥62,000+TAX〜

皆様のご来店を心よりお待ちしております。
☆メールでスーツ・カウンセリングの
 ご予約・ご質問ができます。
 お問い合わせはこちらまで→ (Click!) 

2018.2.15(Thu)

本日もご来店いただき誠にありがとうございました!

今日は、スーツ春夏生地の入荷に合わせて
お勧めしたい「スラックス」のご紹介です。

スラックスと言えば、ビシネスシーンでの
着用が定番と言えるアイテムですが、
弊社が展開するスラックスの形は、
ビジネスシーンはもちろん、普段着としても
使っていただける形を提案しております。
Img_5342f16b92ce3a923d4e364c4de119f8
そこで大事になってくるのが、
「裾幅」
膝から裾にかけてスマートな印象を作るため、
弊社の提案するスラックスは既製品の物よりも
2㎝前後細めに設定しております。

”たかが2㎝”と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、
この2㎝がスラックスの形に大きな違いを生み出します。

それにプラスして丈をくるぶし程度の長さに調整し、
折り返し仕様のダブルで仕上げる。
このスタイルが今季もお勧めになります。
Img_b2f3d677f705cb2eea7eaef58e6de78d
Img_ed07b746813310e94cba2cb087039de1
スラックスは、取り入れるだけで
品のあるスタイルにつながる、
とても影響力のあるアイテムの一つ。

ぜひこの新しい生地の入荷のタイミングで
春に向けて新しくスラックスを
オーダーしてみるのはいかがでしょうか?

自分の体に合わせたスラックスに、
シンプルなシャツやTシャツを着るだけで
格好良く着こなすことが出来ると思いますよ^^

ORDER SLACKS ¥19,000+TAX〜

ぜひお試しください。
☆メールで採寸・カウンセリングの
 ご予約・ご質問ができます。
 お問い合わせはこちらまで→ (Click!) 

2018.2.12(Mon)

本日は足元の悪いの中、
ご来店頂き誠にありがとうございました!

2月に入ってもやはり厳しい寒さが続きますね。
今日ご紹介するのは「革靴の靴底」
大きく分けると靴底は2つの種類があります。

普段からスーツを着る方にとって、
革靴は欠かせないアイテムの一つ。
その革靴の裏、皆さんの革靴は
どのような仕様になっているでしょうか?
Img_2e718cf40454b8569756097681429b4b
まず一つ目は、「革底」

これは革靴が、15世紀頃から作り出されたと言われる
当初から引き継がれる革靴定番のソール。
職人達の手によって生み出される革底は、
革靴全体との相性も良く、見た目が
最も美しいとされる靴底になります。

高級革靴と呼ばれる様々なブランドは、
そのほとんどが革底仕様になっています。
また通気性が良く、蒸れにくいのも特徴です。
Img_ca2181fecacb63bcdd4e7733701f2010
Img_f6e19e1eb24b58ea5d73b591ac318eec
もう一つが「ゴム底」

名前の通り、ソール全体がゴムで出来た靴底になります。
これは革底のデメリットである"滑りやすい"という点に
着目して作られたソール。特に梅雨時期や今のような
雪の多いシーズンには欠かせないと言う方も多いと思います。

この時期の革底とゴム底の歩きやすさの違いは
天と地の差があります。革底は、駅のホームのような
床の場合かなり滑るので危険です。

理想としてはシーズンによって革底とゴム底を
使い分けることが出来れば文句無しです。
あとはTPOも絡んできますね。よりフォーマルな服装が
求められる時はやはり革底が間違いありません。
Img_1aeba7496810e2fa6dd8bd01d13284b1
また弊社が展開するオーダーシューズでは、
革底とゴム底を組み合わせたソールも取り扱っております。

横から見た時の見た目は革底なんだけど、
裏を見ると実はゴムが貼ってあるという
2つのソールの良い所取りをした物になります。

その中でも、”中心ゴム”が特にお勧め。
見た目はスマートな印象ながら、しっかりとゴム部分が
床を掴んでくれるので滑り対策も効果抜群です。

このように革靴は靴底だけでも種類が沢山あり、
他にも靴全体のデザインや腰裏と呼ばれる革靴の中の色など
様々なカスタム出来るのがオーダーシューズの醍醐味。

店内にサンプルもご準備しております。
ぜひ春に向けて新しい革靴を
新調してみるのはいかがでしょうか?

ORDER SHOES ¥45,000+TAX〜

☆メールで採寸・カウンセリングの
 ご予約・ご質問ができます。
 お問い合わせはこちらまで→ (Click!)